おすすめの「サービス 代行」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「サービス 代行」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「サービス 代行」

キンドル・アンリミテッド(kindle unlimited)の時代がやってきた!  「キンドル出版代行サービス」の正しい選び方

■今こそ、キンドル作家デビュー、しよう。

 2016年8月に、「キンドル・アンリミテッド(kindle unlimited)」が、ついに日本でスタートしました。
 キンドル・アンリミテッド(kindle unlimited)とは、月額980円で、本が読み放題になるというサービスです。
 早速、登録して、本をダウンロードされている方も、多いと思います。

 キンドル・アンリミテッドは、読み手になるよりも、書き手になった方が、楽しさは広がります。
 特に、最初の段階では、大手出版社の作品も少ないですし、有名作家の著作も少ないという状況です。
 今こそ、あなたがキンドル本の著者としてデビューするタイミングとしては、最適なのです。

■1ページビューあたり、最大1円ももらえちゃう?
 ページビュー課金は、すごすぎる!

 キンドルであなたが本を出した場合、印税は、どのように支払われるのでしょうか。
 1ダウンロードあたり、何円ではありません。
 ページビューごとに、お金が支払われるのです。
 どのような計算式かというと、
 月額980円のうちの半分、490円×登録者数分が、基金としてプールされます。
 その基金に対して、ページビューを割り当てられるのです。

 あなたの本が見られたページビュー ÷ 総ページビュー
 これが、ざっくりとした計算式です。
 細かく言えば。出版社ごとに金額が違ったり、新刊本は割り当て金が多くなったりすることもあるかもしれませんが、ざっくり、この計算式で考えていただければと思います。

 一人の人が、490ページを、一ヶ月で読むと考えれば、1ページビューあたり、1円が、印税としてもらえる計算です。

 80対20の法則を知っていますか?
 これは、80パーセントの売り上げを、上位20%の顧客が叩き出すなどと言われる、経済法則のことです。

 今回に当てはめると、10人登録して、2人は、盛んにページをめくります。
 1000ページ以上めくるかもしれません。
 6人は、毎月のダウンロード数が10冊以下で、500ページ前後を見る程度。
 2人は、サービスに申し込んだことさえ、忘れるという事態が想定されます。
 
 そう考えると、1ページビューは、マックスで1円。
 低くても0.1円ではないかと、推測しています。

 これがどのくらいすごいことなのかというと、あなたが200ページの本を出したとして、1万人からダウンロードされたとします。
 読み放題なので、1万人からダウンロードされてもおかしくありません。
 1ページビュー1円ならば、200万円、1ページビュー0.1円だとしても20万円の印税になる計算です。

 想像してください。
 もし、1冊だけではなく、3冊の本を出したら600万円になります。
 10冊の本を出していたら、2000万円が毎月入る計算になります。

 まさに、ゴールドラッシュ。
 これが、私が見えている世界です。
 なので、私自身、キンドル開始後3ヶ月の間に、200冊もの本をキンドル・アンリミテッドで出す予定です。
 
 ちなみに、この本を書いているのは、キンドル・アンリミテッドが始まって一週間後です。
 すでに私のキンドル本は20冊を超え、1日のページビューは3000ページビューになっています。
 まだ、検索もされていない段階で、告知もしていない段階で、毎日300円〜3000円近い収入が生まれている計算になります。

 キンドル本は、出しておくだけで、資産になります。
 1冊読み終えたら、次の本をダウンロードしていただけるわけですから、その波に乗ることで、あなたも、このゴールドラッシュに参加できるのです。

■なぜ、石井貴士は、キンドル本を大量生産できるのか?

 開始一週間で、すでに20冊。
 今後、3ヶ月で200冊以上は、キンドル本を出していきます。
 もちろん、執筆スピードが、ビジネス書の著者の中では、日本最速クラスだと言われるスピードの持ち主だということもありますが、それ以外にも、理由があります。 

 それは、執筆だけに集中して、他の作業を、自分以外に任せているからです。
 自分以外の誰かというのは、ぶっちゃけて言えば、弊社のスタッフです。
 弊社のなかで、キンドル本を最速で出す仕組みを構築することに成功したのです。

 そこで、考えました。
 この仕組みを「キンドル出版代行サービス」としてご提供すれば、多くの方がゴールドラッシュに参加するお手伝いができるのではないかと思ったのです。
 そして現在、すでに多くの方が、弊社の「キンドル出版代行サービス」をご利用いただいています。
 
 そんななか、「キンドル出版代行サービス」には、いろいろな業者があるということもわかりました。
 格安の業者から、怪しい業者まで、さまざまです。
 そこで、弊社のサービスを利用する方にも、利用しない方にも、
「キンドル出版代行サービスの正しい選び方」というものを、知っておいて損はないと考え、執筆したのが、今回の本です。
 正しい知識があれば、あなたが、だまされて悲しい思いをすることもなくなるはずです。

・Kindle出版代行サービスとは、どのようなサービスなのか?
・どういう業者が存在するのか?
・自分でやるよりも、Kindle出版代行業者に頼むべきなのか?
 といったことを、伝授していければと考えています。

 ぜひ、正しい知識を手に入れることで、Kindleのゴールドラッシュに、一緒に乗っていけたらと思っています。

(株)ココロ・シンデレラ 代表取締役・作家 石井貴士

※注
本書には、弊社のサービスをご紹介する内容が含まれております。
無料メールセミナーへのご登録フォーム、弊社のページへのリンクが設定されているページがございます。
そういったことが不快だと感じられる方は、あらかじめ、ご購入されないよう、注意をしてください。

弊社は、明るく、前向きな方とだけ、お付き合いしたいと思っております。
この本を通じて、あなたとご縁が持て たらと思って、この本を執筆しました。

新しいことに対して否定的な方、変わりたくないという方、
そもそも物事に対してネガティブな方は、本書を手に取られないよう、お願い申し上げます。

キンドル・アンリミテッド(kindle unlimited)の時代がやってきた! キンドル出版代行サービスに、お願いする前に読め! 本の表紙の必勝法編

■キンドル・アンリミテッドの時代がやってきた!
 
 2016年8月に、キンドル・アンリミテッドがスタートしました。
 キンドル・アンリミテッドとは、月額980円で、電子書籍が読み放題になるというサービスです。
 
 今までは、1冊1400円、1500円で、紙の本を買うのが当たり前の時代でした。
 一ヶ月の書籍代で、1万円、3万円と使っていた方も、多いはずです。
 そんななか、月額980円ということになれば、まず、980円のキンドル・アンリミテッドに申し込んで、キンドル・アンリミテッドを楽しむ。
 時間が余ったら、紙の本を買って、楽しむ。
 という時間の使い方に、変化することが予想されます。
 
 現在、「娯楽の無料化」が進んでいます。
 漫画であれば、マンガボックスやcomico(コミコ)というアプリがあれば、無料で読めるマンガも多くなりました。
 漫画の世界は、まず、無料の漫画を読み、余った時間で、有料の漫画を読むという流れになってきています。
 
 動画サービスも、アマゾンビデオが大ブレイク中です。
 アマゾンのプライム会員になれば、映画やドラマ、アニメが見放題になっているのです。
 
 キンドル・アンリミテッドも、月額980円で読み放題なので、本が好きな方は、多くの方が登録するに違いありません。
 ここで、あなたには2つの選択肢があります。
 ひとつは、読み手として、キンドル・アンリミテッドを楽しむ側に回る。
 もう一つは、書き手として、キンドル・アンリミテッドに本を出品する側に回る、ということです。

 今回、キンドル・アンリミテッドによって、ゴールドラッシュが起きます。
 あなたは、読む側ではなく、書く側に回ることで、ゴールドラッシュの恩恵を受けることができるのです。

■書く側に回った方が、キンドル・アンリミテッドは楽しい。
 
 キンドルに本を出品するのは、無料でできます。
 誰でも、本が無料で出せる時代がやってきたのです。
 
 それでいて、お金ももらえます。
 キンドル・アンリミテッドは、閲覧されたページビューに応じて、報酬が支払われる仕組みです。 
 本がダウンロードされたら、1ページも読まれなくても、お金がもらえるのではなく、ページが読まれた分だけ、収入になるのです。
 
 どのような報酬体系かというと、月額980円の半分の490円×加入者数が、基金としてプールされます。
 そして、その金額が、
 
 あなたの本が閲覧されたページビュー ÷ 総閲覧ページビュー
 
 という計算式で支払われると、ざっくり考えてください。
(他に細かい計算式が導入されるかもしれませんが、ざっくりこう考えていただけたら、わかりやすいです)
 
 想像して見てください。
 ひとりで、1ヶ月に490ページもページをめくる人が、どれだけいるでしょうか。
 i-modeの月額315円の占いコンテンツも、すぐに加入していたことを忘れてしまうくらいですから、2割の人は、加入しても、まったくサービスを利用しないことが予想されます。
 上位2割の人が1000ページ以上めくると考えても、希望的観測で、高く見積もって、1ページビューあたり1円の印税。
 低く見積もって、1ページビュー0.1円。
 その月によって変動するとは思いますが、1ページビューあたり、0.1円~1円の間なのではないかと推測しています。
 
 もし、1円だとしたら、まさにゴールドラッシュです。
 あなたのキンドル本が、1万人からダウンロードされて、100ページクリックされたら、一ヶ月で100万円の収入ということになります。
 1万ダウンロードなんて、無理だよと思うかもしれません。
 ですが、1冊300円でダウンロードしろというわけではなく、ダウンロードし放題のサービスなのですから、1万ダウンロードされる可能性も、ゼロではないのです。

 しかも、本は、何冊出しても構いません。
 1冊と言わず3冊、10冊、50冊と出すことができれば、突然、預金通帳に500万円、1000万円が毎月のように振り込まれても、おかしくないのです。

■ダウンロードされるためには、表紙が決め手!
 
 キンドル・アンリミテッドは、ページビューに応じて、印税が支払われます。
 とはいうものの、あなたの本がダウンロードされなければ、ページをめくってさえ、もらえません。
 そこで大切になってくるのが、「本の表紙」です。
 
 表紙を見て、面白そうだなと思ったら、ダウンロードしてもらえますが、つまらなそうだなと思ったら、ダウンロードしてもらえません。
 
 いくら、あなたが芸術的に素晴らしい文章を書いたとしても、本の表紙がヘボかったり、手作り感が満載だったら、ダウンロードさえ、してもらえないのです。
 
 もちろん、文章力は大切です。
 文章がつまらない、読みづらいとなれば、3ページくらいで、読むのを止められてしまいます。
 もちろん、次に本を出したときにも、ダウンロードしてもらえません。
 
 とはいえ、本の表紙に魅力がないと、そもそも読んでさえもらえないわけです。
 
 いかに、いい表紙を作れるかが、キンドル・アンリミテッドに本を出品するときには、ポイントになってきます。
 本の内容が同じなのであれば、いい表紙にしたほうが、売り上げは何倍にもなるのです。

■売れる本の装丁には、必勝法がある。
 
 本の表紙のことを、専門用語で「装丁(そうてい)」と言います。
 本の表紙作りの専門にしている、装丁作家という職業もあるくらいです。
 
 そんななか、売れる装丁を作れる作家もいれば、キャリアが長くても、売れない装丁ばかりを作ってしまう作家の方もいるのが現状です。
 
 きれいな装丁ならば売れるのかというと、そういうわけでもありません。
 わかりやすく文字を配置し、読みたくなると思わせることができ、他の本とは違うなと思わせることは、前提です。
 前提を踏まえた上で、売れる装丁、売れない装丁が決まってくるのです。
 
 私は今まで、紙の本だけで、64冊の本を出版しています。
 30冊近くに重版がかかっているので、重版率は40%~50%です。
 こういったハイスコアが出せるのは、試行錯誤の末に、装丁の必勝法を編み出したからです。
 
 表紙を見ただけで、買うか買わないかが判断されてしまうのが、紙の本の世界です。
 電子書籍も、同じです。
 表紙を見ただけで、ダウンロードされるかどうかが決まるのです。
 
 いい表紙を作るには、必勝法があります。
 この本のなかで、表紙の必勝法をお伝えしていきます。
 あなたは、この本を読むだけで、私の13年分、64冊分のノウハウを、手に入れることができるのです。
 
 (株)ココロ・シンデレラ 代表取締役・作家 石井貴士

※注
本書には、弊社のサービスをご紹介する内容が含まれております。
無料メールセミナーへのご登録フォーム、弊社のページへのリンクが設定されているページがございます。
そういったことが不快だと感じられる方は、あらかじめ、ご購入されないよう、注意をしてください。

弊社は、明るく、前向きな方とだけ、お付き合いしたいと思っております。
この本を通じて、あなたとご縁が持て たらと思って、この本を執筆しました。

新しいことに対して否定的な方、変わりたくないという方、
そもそも物事に対してネガティブな方は、本書を手に取られないよう、お願い申し上げます。

キンドル・アンリミテッド(kindle unlimited)の時代がやってきた!「キンドル出版代行サービス」にお願いする前に読め! 本のタイトルの必勝法編

■必勝法を知っている人だけが、ベストセラーを出せる。
 
「ベストセラー作家になるのが夢なんです」
 
 という作家志望者は多いです。
 作家として本を出している人にも、ベストセラーを1度でも出してみたいという方は、多くいます。
 
 では、どうしたらベストセラーを出せるのでしょうか?
 
 夢を叶える必勝法は、次のツーステップです。
1、すでに夢を叶えている人を見つける。
2、どうやったらいいのかを、聞く。
 これが一番早いです。
 
 プロ野球選手になりたいなら、すでにプロ野球選手になっている人に、プロ野球選手になる方法を聞く。
 アイドルになりたいなら、すでにアイドルになっている人に、アイドルになる方法を聞く。
 これが最短距離です。
 
 あなたがプロ野球選手に、今なっていないとしたら、すでにプロ野球選手になっている人に、どうしたらプロ野球選手になれるのかを、中学・高校時代に聞いていなかったからです。
 あなたがアイドルになっていない理由も、すでにアイドルになっている人に、どうしたらアイルどのなれるのかを、中学・高校時代に聞かなかったからなのです。
 
 あなたが今、サラリーマンになっているとしたら、就職活動時代に、サラリーマンにOB訪問をしてしまったからです。
 もし、億万長者だけにOB訪問をしていたら、億万長者になっていたはずです。
 
 ベストセラー作家になりたいと思ったときも、同じです。
 すでにベストセラーを出している人に、どうしたらベストセラーが出せるのかを、聞けばいい。
 ただ、それだけなのです。
 
■すでに夢を実現している人に会いに行けば、あなたも成功できる。
 
 私は、起業して半年で、月商500万円、利益率9割という成功を収めたことがあります。
 なぜ、そんな大それたことが可能だったのかというと、すでに成功している人に会いに行き、その人のビジネスモデルを参考にしたからです。
 
 私が本を出したいと思った時には、すでに本を出している人に会いに行ったり、何冊も本を手がけている編集者に会いに行きました。
 そのおかげで、最初の1冊(処女作)で、アマゾンランキングで1位を獲得したり、その後も、ベストセラーを出すことができました。
 
 ベストセラー編集者と呼ばれる方ともお会いして、自分自身、年間ベストセラー1位となった本『本当に頭がよくなる1分間勉強法』も出すことができました。
 
 多くの人は、夢が実現すればいいなあと、思っているだけで、すでに実現している人に会いに行ったりしません。
 だから、成功できないのです。
 
 私は、アナウンサーになりたいと思った時には、プロのアナウンサーの方に、何人も会いに行きましたし、起業して成功したいと思った時には、すでに成功している起業家の方に会いに行きました。 
 
 ビジネス書でベストセラーを出すノウハウというのは、私が知っている限り、10人も知らないのではないかと思うくらい、知っている人がいません。
 編集者も、売れない編集者に限って、売れている編集者に会いに行ったりしません。
 著者も、売れない著者に限って、プライドが許さないということがあるためか、売れている著者に、「どうしたら売れるんですか?」と聞きに行ったりしないのです。
 
 自分が成功するためだと割り切って、プライドはかなぐり捨てて、すでに成功している人に会いに行って、頭を下げて、方法論を聞けば、あなたも成功できます。
 
 今回、この本を書こうと思ったきっかけ。
 それは、多くの編集者も著者も、ベストセラーを出す方法論を、すでに成功している人に聞きに行かない。
 ならば、自分が今まで、見聞きした方法論を、教えるしかない。
 こう考えたからです。
 
 正直、大盤振る舞いだと思います。
 
 ですが、今回、私は「キンドル出版代行サービス」を開始して、多くの方にキンドル作家になっていただき、ベストセラーを出すお手伝いをしようと思いました。
 そこで、私が持っているノウハウを、あなたに伝授することで、一緒に成功しようと考えたのです。
 
 ベストセラーを出すための必勝法は、存在します。
 ぜひ、あなたがベストセラーを出すためのお手伝いができれば、幸いです。
 
(株)ココロ・シンデレラ 代表取締役・作家 石井貴士

※注
本書には、弊社のサービスをご紹介する内容が含まれております。
無料メールセミナーへのご登録フォーム、弊社のページへのリンクが設定されているページがございます。
そういったことが不快だと感じられる方は、あらかじめ、ご購入されないよう、注意をしてください。

弊社は、明るく、前向きな方とだけ、お付き合いしたいと思っております。
この本を通じて、あなたとご縁が持て たらと思って、この本を執筆しました。

新しいことに対して否定的な方、変わりたくないという方、
そもそも物事に対してネガティブな方は、本書を手に取られないよう、お願い申し上げます。

今、最も稼げる副業は代行業

今、代行ビジネスがブームです。
このブームは一過性のものではなく、業界全体が今後右肩上がりになっていくでしょう。
何故か?
それは、代行ビジネスには「限度」がないからです。

代行ビジネスと言うと、車の代行運転や新薬開発の際の治験などがかなり以前からありましたが、一昔前までは代行ビジネスの種類そのものはとても少なかったのですが、ここ数年、特にここ一・二年で驚くような代行サービスが続々と登場しています。
その種類は日々増え続けていると言っても過言ではなく、今後代行ビジネスは益々発展していくことが予想されています。
右肩上がりで急成長している代行ビジネス。
やるなら早い者勝ちです。

本書では数ある代行ビジネスの中から、副業として特に稼げるものをピックアップしました。
求人情報や副業の始め方もご紹介していますので、参考にして頂き、是非とも確かな副業を手に入れて下さい。

月10万円、20万円の副収入も可能です!

●目次
はじめに
1 ミステリーショッパー(覆面調査員)
2 治験(新薬モニター)
3 ベビーシッター
4 家事代行
5 代理出席
6 モーニングコール
7 宿題代行
8 お遍路代行
9 ペットシッター
10 告白代行
11 ジグソーパズル作成代行
12 カットモデル
13 自分レンタル
おわりに

日本一小さな整備工場が業界を動かしたとき

1994年1月、車検業界の歴史が変わった。ユーザーが立ち会い、安価・短時間で終了するユーザー車検を業界の常識にした男は、かつて日本一小さな車検工場の新米営業マンだった。企業の門前払いを食らう毎日から、ユーザー車検の第一人者へと登りつめた。

お金がほしい方は要注目!