誰でも始められるお金の貯め方・増やし方

家計簿をつけよう

基本的なことですが、お金を貯めるには「家計簿」をつけてお金の流れを把握することが大切です。
どこに、いくらお金を使っているのか分かっていないと、お金は貯まりません。

家計簿といっても、そんなに難しく考える必要はありません。
どこに、いくらお金を使っているのか把握できればOKです。

あまり気合を入れすぎると、面倒くさくなって途中でやめてしまいます。
簡単に続けられる形式で始めるとよいでしょう。

家計簿ノートはたくさん販売されていますので、好きなものを選ぶとよいです。
また、パソコンで付ける方は、無料の家計簿ソフトエクセルを使いましょう。

たいていの方は、家計簿をつけ始めると余計なことにお金を使っているのに気づくはずです。
ムダな出費をおさえて、どんどん貯金に回しましょう。

収入が入ったらすぐ貯金する

お金が貯まらない一番の原因は、お金が入ったらすぐに使ってしまうことでしょう。

使ってしまうのを防ぐために、収入が入ったらすぐ別口座に貯金しましょう。
貯金用の口座のお金は、どうしてもお金がないと困るというときまで使ってはいけません。

お金に色はつけられないので、はっきりとお金を分けておくことが大切です。

新しく口座を作るなら、ネット銀行がオススメです。
ネット銀行は、インターネットで残高の確認や振込が行えるため、とても便利に使えます。

セキュリティを心配される方が多いですが、銀行から情報が漏れることはほぼありません。
自分でパスワードなどを教えてしまわない限り、勝手にお金を引き出されることはないです。

また、万が一被害にあってしまった場合でも、銀行側が補償してくれるので安心です。

オススメは、セキュリティートークンがある「ジャパンネット銀行」です。

セキュリティートークンは、小さな機械に数字を表示し、送金時などに入力します。
数字は1分おきに変わるため、だれにも知られることはありません。

ネット銀行は複数のセキュリティで守られていますので、心配することはありませんよ。

低金利の今、投資信託がオススメ

今は超低金利時代の真っ只中です。
銀行にお金を預けても、定期預金にしても、ほとんど金利はつきません。

別に増えなくてもいい、と思っていませんか?
でも、実は貯金していてもお金は減っていく可能性があるのです。

いわゆる「インフレリスク」とよばれるものです。

インフレリスクとは、物価の上昇でお金の価値が下がってしまうことを指します。
最近は値上がりの話も多く、今は100円で買えるものも、明日には110円になるかもしれません。

お金の価値は相対的なので、物価が上がるとお金の価値は下がります。
つまり、物価の上昇に合わせてお金を増やしていかないと、お金の価値は減ってしまうのです。

現在、日銀は物価を上昇させてデフレを脱却しようとしていますから、いずれ物価が上がります。
今こそ資産運用を考えるときだといえるでしょう。

資産運用の方法はいろいろありますが、初心者の方には「投資信託」がオススメです。
月数百円~数千円で始められ、プロに運用を任せることができます。

第2の貯金方法として考えてみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく知りたい方はコチラ

初心者向け投資信託解説